スポンサーリンク
話題

リュディガーの舐めプ疑惑「レジェンドからも認定」カタールW杯ドイツ戦

話題
スポンサーリンク

11月23日カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦で日本代表は2-1でドイツに逆転勝利を収めましたが、その試合の中でドイツ代表DFアントニオ・リュディガー選手がFW浅野拓磨選手に対し馬鹿にした走り(舐めプ)をしたと話題になっています。りゅでいがー選手のなめプ疑惑について調べてみました。

スポンサーリンク

リュディガーの舐めプ疑惑「これがリュデイガーの通常運転」

日本対ドイツ戦の後半19分の場面、リュデイガーは裏へ飛び出そうとした浅野拓磨との並走で両足を高く上げた独特の走り方をしました。

このリュディガーの走り方に対しABEMAで解説を務めたサッカー元日本代表の本田圭佑さんが「ちょっと今のは性格悪い。ちょっとバカにした走り方」と指摘しました。

こちらが問題のリュディガーなめプシーンです。

確かにりゅでいがー選手は浅野拓磨選手をおちょくっているような走り方ですね。リュディガー選手がふざけているようにも見えます。これに対し「リュディガー煽ってるし舐めプでしょ」「リュディガー浅野のこと馬鹿にしてて見てて腹立つ」など批判が殺到しています。

しかし、リュディガー選手は以前にもこの独特な走り方をしているので「これがリュディガーの通常運転」「サッカーをわかっている人ならリュディガーが浅野をあおっていないとわかる」と意見が真っ二つにわかれています。

こちらの動画でもリュディガー選手は足を高くあげた不思議な動きをしています。

リュディガー選手のこのような行為は今回のカタールW杯だけではないようです。

スポンサーリンク

 Rüdiger舐めプ疑惑「挑発は日常茶飯事」

リュディガー選手はチェルシーに所属していた今年3月のプレミアリーグでニューカッスルと対戦した時にも不思議なステップしています。そのプレーについてリュディガーはドイツの雑誌インタビューでこう解説しています。

「正直に言うと、あの試合はちょっとスタジアムがおとなしすぎた。だから、わざと興奮させたんだ。僕は対戦相手をみて分析するのが好きで、『ちょっと挑発したらどんな反応をするかな』って思ってしまうんだ。試合前に相手を決めてやっているんじゃなくて、自然にやってしまう感じだよ」

ドイツ『シュポルト1』のインタビューより

リュディガー選手は挑発や煽りを普段からしているようですね。リュディガー本人がユーモアのつもりでも勝負をかけて真剣に試合をしている中で煽られると「馬鹿にされた」と腹の立つ選手がいてもおかしくないのではと思います。

このリュディガー選手の舐めプについて試合後、堂安律選手がリュディガーに向かって何か抗議したのではとも言われています。

浅野拓磨選手の為に何か一言言ってやろうと思ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

リュディガーなめぷ疑惑「おふざけ好きの陽気な性格」

リュディガー選手はスペインの名門レアル・マドリードに所属するトップ選手ですが、独特の走り方をしたりPK獲得時に舌をだしたりと「奇妙なリアクション」をとることが多いようです。

リュディガーは右足でシュートを打とうとした瞬間に相手DFに後ろから押されPKを獲得。この際、リュディガーは笑みを浮かべながら目を大きく開け、舌を出しながらスタンドの方を見ていた。

このリアクションについて英メディア「GIVE ME SPORT」は「リュディガーのリアクションは奇妙で、拡散されつつある」と見出しを打ち、「リュディガーはPKを与えられたことがわかると非常に奇妙なリアクションを引き起こした」と表現。さらに英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「リュディガーのリアクションは恐ろしくて楽しい」と取り上げている。

FOOTBALLZONE引用

リュディガー選手は変顔をしたり、ロッカールームでふざけて踊っている動画もあるので陽気な性格のようです。

チェルシー時代のチームメイトもリュディガー選手が陽気で楽しい人物であったことをインタビューで語っています。

「大きなキャラクターがあり、大いに助けてくれた。ここですばらしい時間を過ごしたね」

リュディガーと仲の良い関係にあったジョルジーニョ。戦力ダウンも当然のことながら、プレー面以外でも大きな損失があるとし、一番恋しくなる部分を語った。

「彼のクレイジーさだよ。彼は僕を大いに笑わせてくれる。彼のジョークや一緒に笑ったこと、それが彼の良いところだった」

イギリス「スカイ・スポーツより」

リュディガー選手、今回はおふざけがすぎてしまったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

りゅでぃがーなめプ疑惑「レジェンドたちも苦言で舐めプ認定」

このリュディガー選手の舐めプ行為は日本だけではなく世界からも批判がでています。

トルコメディア「Pusholder Sport」は「リュディガーはリード中に大きなステップで笑いを見せていたが、試合後には悲しみに暮れていた」と、試合後との比較写真を掲載。同「Futbol Arena」は「リュディガーのショック」と敗戦後の表情を伝えている。  また、スウェーデンメディア「Fotbollskanalen」は「リュディガー、いったい何をやっているんだ?」と糾弾。セーフティーリードとはいえない状況で見せた“奇妙なステップ”は、世界中で反響を広げている。

FOOTBALLZONE引用https://news.yahoo.co.jp/articles/daead558f245b0bdf223cbcf06abaf4701e8dd57

母国ドイツのレジェンド選手、ディートマー・ハマン氏もリュディガーの行為を批判しています。

英紙「ザ・サン」は「『未熟で傲慢』――アントニオ・リュディガーが変な走り方で日本のスターに『無礼なこと』をして非難される」の見出しで批判的に報道。かつてリバプールで活躍し、2002年日韓W杯準優勝メンバーのドイツ代表MFディートマー・ハマン氏は記事内でリュディガーに苦言を呈した。

「あんな風に相手をみくびってはいけない。いずれ返ってくるものだからね。非常に未熟で狂っていると思う。傲慢だ。彼は笑っていた。いま笑っているチームは1つだけだ。この競技の精神は相手をリスペクトすること。彼はそれをしていなかった。あれについては説明も言い訳もできない」

リュディガーはすでに各方面から非難されている。

THE ANSWER編集部よりhttps://news.yahoo.co.jp/articles/34e60119792f9d33db5b5bbc8ae6aee76aaa004e

本田圭祐やハマン氏のように一流サッカー選手からみても「馬鹿にした走り方」「相手をみくびっている」と感じるということはリュディガー選手の行為はやはり浅野拓磨選手を煽り馬鹿にした舐めプ行為認定ですね。

これを機にリュディガー選手は相手を不快にさせるプレーは控えたほうがいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
なぎのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました