スポンサーリンク
話題

高花平小学校いじめ内容がひどい17選「小2のレベルではないヤバさ」ガレソ砲

話題
スポンサーリンク

三重県四日市の高花平小学校でいじめが隠蔽されていたことが発覚しました。2020年高花平小学校当時2年生の女児が6人の女子児童からいじめにあい不登校になりました。高花平小学校でおこったひどすぎるいじめ事件の内容を調べてみました。

スポンサーリンク

高花平小学校いじめ内容がひどい「小2のレベルではないヤバさ」

有名インフルエンサーの滝沢ガレソさんが高花平小学校のひどすぎるいじめ事件をツイートし話題になっています。

 

【報告】ある小学校で発生したイジメを学校側が数年にわたり放置し隠蔽していた事件をまとめました 【概要】 ・三重県四日市市立“高花平小学校” ・2年以上いじめられた女児が不登校に ・複数回にわたり保護者が相談するも学校は放置&担任がいじめ加担 ・激ヤバ対応の校長、今月定年退職で逃げ切りへ

 

滝沢ガレソ氏がツイートした内容は社会活動家の加藤秀視さんが高花平小学校いじめ問題を取り上げたYouTube動画です。

 

加藤秀視さんが被害女児と母親に高花平小学校でどんないじめを受けたのかインタビュー形式で話を聞いていくと小学2年生がやったとは思えないひどすぎるいじめの内容が明かされていました。

高花平小学校でいじめを受けた被害女児の母親が「ありとあらゆるすべてのいじめをうけてきた」というほど壮絶な内容です。

高花平小学校いじめの内容(2年生時)

①毎日のように「自殺しろ」などの暴言があった
明日自殺してこなかったらどうなるか覚えとけよ
首をナイフで切って死ね
車にひかれて死ね
ベランダから飛び降りろ

②集団で囲み2人で押さえつけて集団で蹴ったり殴ったりつねる

③えんぴつで腕を刺される

④えんぴつ、消しゴムを盗まれる

高花平小学校のいじめ内容は聞いているこちらが辛くなるようなひどい内容です。

高花平小学校のいじめ内容にある集団で囲み蹴ったり殴るは暴行であり、大人だと警察に捕まるほどの内容です。2年生の頃から始まった高花平小学校のいじめは毎日毎時間、約1年にわたり続いたそうです。

高花平小学校のいじめ内容は小学2年生がやったとはとても思えない内容です。

スポンサーリンク

高花平小学校いじめ内容がひどい「3年生になってさらにエスカレート」

高花平小学校のいじめ内容は小2から約1年続き3年生になったころからさらにひどくなっていきます。

高花平小学校いじめの内容(3年生時)

①給食に虫と髪の毛を切ったもの、ゴミやほこりを入れて被害女児を集団で囲み、食べないと集団で暴行

②家族全員の悪口を言われる

③加害児童が自分の腕をつねったり噛んだりして「〇〇ちゃんがやった」と被害女児に罪をなすりつけて先生に告げ口する

④人のものを盗んでこいと言われてやらないと殴られる

⑤骨折した被害女児の足を思いっきり踏みつける

⑥学校を休むと「ずる休み」と言われもっとひどく殴られる

高花平小学校のいじめ内容は3年生になるとより心理的に辛い内容になっています。高花平小学校のいじめ内容は小学校低学年とは思えないほど残虐性があり狡猾なやり方がヤバすぎますね。

高花平小学校のいじめ被害女児は給食に異物を入れられ食べないと殴られるので「小さいゴミはまだマシ」「食べたものはある」と告白しています。

高花平小学校のいじめ被害女児の母親も泣いており、ショックを受けている様子でした。自分の子供がこんなひどい目にあっていたら親として辛すぎますね。

さらにこの被害女児以外にもいじめにあっていた被害男児がおり、この二人がひどいいじめを受けていたようです。

スポンサーリンク

高花平小学校いじめ内容がひどい「担任の位田直子いじめ加担がさらにヤバイ」

高花平小学校のいじめ被害女児と母親のインタビューの後に加藤秀視さんは実際に被害女児をいじめた加害児童6人と母親たちとも話をしています。その中でこの高花平小学校のいじめを担任の先生が実際に見ており、止めるべき担任がいじめに加担していたという事実が明るみになります。

高花平小学校のいじめ加害児童たちから担任はいじめをしている時も目があっていたが何もいわれなかったそうです。いじめに加担していた女担任はガレソ砲によりすでに特定されています。

高花平小学校のいじめに加担した担任は位田直子(いんでんなおこ)先生ということがわかりました。

この高花平小学校いじめクラスの担任だった位田直子先生の被害児童たちへのいじめ方は陰湿で先生という立場であることが信じられない言動と行動です。

高花平小学校担任のいじめ内容

①休み時間に被害児童だけ立たされる

②被害児童2人だけに職員室まで荷物を運ばせて自分は手ぶら、さらに職員室に向かう途中必ず担任が足を出し被害児童を転ばせて何回もケガをさせている

③加害児童らには怒らず被害児童だけをすごく責め立て怒る

④いじめの現場を加害児童達と一緒に見ていて「このことをお母さんたちにだまっておいてあげる」と加害児童に言う。

⑤被害児童にいじめをだまっておくように何度も言う

⑥授業中、被害児童が手をあげても当てない。被害児童がわからなくて手を上げないと「あなた達頭悪いの?」「馬鹿なの?」と言う

⑦授業中わざと難しい問題を被害児童にあてて正解でも不正解にし、「あなた馬鹿ね」と言って他の子をあてることを何度も繰り返す

高花平小学校の担任がいじめをしていた内容はさらにひどい内容で、被害児童たちはいじめを助けてくれないばかりかいじめに加担する担任に絶望したことは容易に想像できます。

高花平小学校のいじめ加害児童たちの行いを正さず担任までいじめに加わったことでいじめがエスカレートした可能性は大きいですね。

高花平小学校のひどすぎるいじめ内容17選を動画から文字起こししてみました。高花平小学校のいじめ内容がヤバすぎて被害児童たちの心の傷が心配です。

スポンサーリンク

追記:高花平小学校の原由香里校長もひどい「いじめの話は笑い事」

高花平小学校のいじめ問題について校長の対応がやばすぎると話題になっています。高花平小学校の校長である原由香里校長の顔写真はこちらです。

原由香里校長は2023年3月で定年退職する予定の年齢ですが黒髪セミロングで若々しい印象です。しかし原由香里校長は高花平小学校のいじめ問題を全力で隠蔽しようとする姿が加藤秀視さんのYouTube動画で確認できました。

加藤秀視さんが高花平小学校いじめ問題について校長と電話で話した内容をまとめてみました。

加藤秀視さん→高花平小学校でいじめがあり、被害者・加害者の子供と親は共にいじめがあったことを認めているが学校側はいじめがあったことを認めていないと聞いた。校長はその事実は知っているのか
原由香里校長→それについては今教員ともに対応しているところなので一切お話できない。決して逃げているとか隠蔽していることはない。
加藤秀視さん→学校の先生がいじめを改善する気はあるのか、いじめの現状を受け入れているのか。学校はどういう形で解決しようとしているのか聞きたい。
原由香里校長→そこは部外者の人にはお話しできない
加藤秀視さん→では被害者の親御さんには話せるのか?
原由香里校長→そこは教員と学校と連携してやっているのでお答えできない
加藤秀視さん→答えてほしいわけではなく、今のお話は被害者とお話できるのか?
原由香里校長→そこは対応していく
加藤秀視さん→対応とは?
原由香里校長→それもお話できない。しゃべっちゃうとダメなんです(笑)苦しいとこなんですが(笑)
加藤秀視さん→笑いごとじゃなくて。1人の女の子がひどいいじめを何年もやられ続けていた。先生がいたのにそれを笑いごとですませるのではなくて今どう考えているのか
原由香里校長→それは一切お答えできません

高花平小学校の校長である原由香里校長はとにかく「お答えできない」の一点張りです。そして原由香里校長はいじめの話をしているにもかかわらず笑っていました。

この加藤秀視さんと原由香里校長のやりとりからも原由香里校長は被害児童をどうやって守るのかではなく自らの保身しか考えていないことがわかりました。

このあと原由香里校長は「切らせていただきます」と一方的に電話をガチャ切りしています。

その後加藤秀視さんは何度学校に電話しても話を聞いてもらえず一方的に電話を切られ続けられることからも「学校ぐるみの隠ぺい」ということが確定しました。

 

スポンサーリンク

追記:高花平小学校の原由香里校長もひどい「学校に話をしに来た保護者に警察を呼ぶ」

高花平小学校にいくら電話をしても原由香里校長につないでもらえない、学校側が対応してくれないことから被害児童と加害児童の保護者達が原由香里校長に事前にアポをとり加藤秀視さんと共に学校に向かいました。

しかし保護者が事前にアポをとっているにもかかわらず原由香里校長は「忙しい」という理由で追い返そうとします。

埒が明かないということで保護者達が校長室までいくと対応する原由香里校長の姿がありました。

保護者の涙ながらの悲痛な訴えを一部抜粋すると

「目の前でいわれてみろ、大事に育ててきた子供が10年やそこらで死ぬといってくるんやぞ。ふざけんな。親の気持ちをわかっているのか」
「いじめのフルコースと言われた。フルコースってなに?○○(被害児童)が死んでなくてよかったと笑った」

原由香里校長の今までの対応のひどさがわかります。

 

高花平小学校にアポをとっている保護者を追い返そうとするのもびっくりですが、さらに驚くのは原由香里校長は保護者を高花平小学校から追い出すために警察を呼びました。

原由香里校長が「追い出してくれということで(警察に)電話しました」とはっきり言っています。

高花平小学校の対応のひどさに驚きます。子供達の心の傷が心配ですね。

 

スポンサーリンク

追記:高花平小学校の原由香里校長もひどい「昔から気が強く怖いおばさんだった」

高花平小学校のいじめ動画の原由香里校長の対応を見ていても保護者に謝るそぶりはなく言い返すくらい気の強い女性ということがわかります。元教え子の生徒らしき人物からも小学校のときからめちゃくちゃうるさくて怖いおばさんだったとツイートがありました。原由香里校長はいずれ「こうなりそう」と生徒にも思われる人柄だったとわかります。

高花平のいじめ見たけどあの校長あたしが小学校の時に先生してくれとっためちゃくちゃうるさくて怖いおばさんや名前と対応見て震えたあの時からこうなりそうって思っとった( ; ; )

 

 

高花平小学校のいじめ動画の原由香里校長は学校側がいじめの対応をしなかった問題を棚に上げ保護者に対し責めるような口調で話す場面もあります。

 

高花平小学校の原由香里校長は3月で定年退職されるとのことでいじめ問題の早期解決が最優先ですがここまで対応をせず隠蔽したのは定年退職まで逃げ切ろうとしているのではという情報もあります。

公立小学校校長の退職金は平均で約2356万円です。

高花平小学校の原由香里校長も退職金が支給される可能性があります。原由香里校長が保護者に言ったとされる「退職まで波風たてないでほしい」という言動にはこういった裏事情も大いに関係しているのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

追記:高花平小学校の原由香里校長もひどい「いじめは被害者たちの茶番劇」

高花平小学校いじめ問題について週刊誌が加藤秀視さんに取材したところ、高花平小学校の原由香里校長が地域の方への説明会で「本当はいじめはなかった」「いじめは被害者たちの茶番劇」といっていたことがわかりました。

「全校の保護者に向けた説明会で校長はいじめを認めて謝罪していますが、地域の方たちの説明会では全く違うことを言っているようです。“本当はいじめはなかった”とか、“いじめは被害者たちの茶番劇だ”と。いじめを認めた6人のほかにも加害者とされる児童が数人いて、いじめたことを認めていない人もいます。

どうやらその認めていない加害者と校長が結託して、自治体にいじめはないと言っているようです。被害者家族に対して“バットでぶっ飛ばす”と脅してくる人もいました。当該学年の懇談会でも、“本当にいじめはあったのか”“茶番じゃないのか”と被害者側が責められている状況です」

週刊女性PRIME引用https://news.livedoor.com/article/detail/23892556/

原由香里校長は高花平小学校の保護者にむけての説明会ではいじめを認めて謝罪していますが、地域住人への説明会では高花平小学校でいじめがあったことを認めず「茶番劇」というひどすぎる言葉を使っています。

さらに高花平小学校の原由香里校長はいじめたことを認めていない加害者と結託しているということから被害者へ反撃をしているように感じます。高花平小学校の原由香里校長はやはり根底に「自分は悪くない」という思いがあるのが露呈していますね。

スポンサーリンク

追記:高花平小学校いじめ問題「被害児童家族といじめを認めた加害児童家族は仲良くなっている」

高花平小学校いじめ問題は原由香里校長がいじめを根底から認めていないことで泥沼問題になっていますが、よいニュースもありました。

高花平小学校いじめ問題の加藤秀視さんの動画にも出ていた被害児童家族と加害児童家族は仲良くなっており、子供達もよく会っているそうです。

「子どもたちはみんな学校に行きたいんです。加害者の子も嫌いでいじめていたのではなくて、本当は友達になりたかったんだけど、持っていたものがうらやましいとか、かわいかったからやってしまった。すでに被害者の家族と加害者の家族は仲良くなっていますし、子どもたち同士もよく会っています。

ただ、被害児童は学校には行けない。先生にもいじめられていたので、また大人にいじめられるんじゃないかと思ってしまって、学校が怖いという状況です。けれど、先生は何もしてくれない。だから被害者の親たちもまた学校に行かせるのが不安なんです」

高花平小学校いじめ問題の加害児童達はもともと被害児童が嫌いだったわけではなく「服とか持っているものが羨ましかった」「いじめに誘われて断ったら自分がいじめの標的になってしまうのではないか」などの理由がありました。

 

高花平小学校いじめ問題の加害児童たちは動画のなかで自分たちがいじめをしてしまったことを認めていました。自分の非を認めることができるのはすごいことです。高花平小学校の原由香里校長も自身を省みてほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
なぎのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました